【GNSSモジュール】を検索 | 高精度RTK GNSSモジュール&システムメーカー | LOCOSYS

LOCOSYS Technology Inc.は2005年に設立され、情報産業の有名な研究機関から生まれた会社であり、グローバルナビゲーション衛星システム(GNSS)、ワイヤレス通信、組み込みシステムから航空機用電子機器、自動車、家電製品までハードウェアとソフトウェアの両方を提供するサービスを提供しています。

結果 1 - 24 の 38
12
  • MC-1010-B
    MC-1010-B
    MC-1010-B

    LOCOSYS MC-1010-BはMediaTek先進の新世代MT3333 GNSS チップに基づいています。これは、GPS、BEIDOUおよびQZSSを含む複数の衛星群を同時に取得および追跡できる完全なスタンドアロンGNSSモジュールです。 低消費電力と小型フォームファクターを特徴としています。また、都市のキャニオンや密集した植生環境でも優れた感度とパフォーマンスを提供することができます。このモジュールは、より速いコールドスタートを実現するためにハイブリッドエフェメリス予測をサポートしています。1つは自己生成エフェメリス予測(EASYと呼ばれる)であり、ネットワークの支援やホストCPUの介入は必要ありません。 これは最大3日間有効で、GNSSモジュールの電源がオンになり、衛星が利用可能な場合に自動的に更新されます。 もう一つは、インターネットサーバーから取得するサーバー生成の暦予報(EPOと呼ばれる)です。これは最大14日間有効です。両方の暦予報は、オンボードのフラッシュメモリに保存され、冷起動時間は15秒未満です。     これは、最大3日間有効であり、GNSSモジュールが電源オンになり、衛星が利用可能な場合に自動的に更新されます。もう一つは、インターネットサーバーから取得するサーバー生成のエフェメリス予測(EPOと呼ばれる)です。これは最大14日間有効です。両方のエフェメリス予測は、オンボードフラッシュメモリに保存され、15秒未満のコールドスタート時間を実現します。


  • MC-1010-G
    MC-1010-G
    MC-1010-G

    LOCOSYS MC-1010-Gは、MediaTek社の最新世代のMT3333 GNSSチップに基づいています。これは、GPS、GLONASS、GALILEO、QZSSおよびSBASの複数の衛星群を同時に取得および追跡できる完全な独立型GNSSモジュールです。 このモジュールは、高速なコールドスタートを実現するためのハイブリッド測地予報をサポートしています。1つは自己生成の測地予報(EASY)で、ネットワークアシストやホストCPUの介入は不要です。 これは最大3日間有効で、GNSSモジュールの電源がオンで衛星が利用可能な場合、自動的に更新されます。もう1つはサーバー生成の測地予報(EPO)で、外部サーバーから取得します。 これは有効期間が最大3日間で、GNSSモジュールの電源がオンで衛星が利用可能な場合、自動的に更新されます。 もう1つはサーバー生成の測地予報(EPO)で、外部サーバーから取得します。 これは、最大3日間有効であり、GNSSモジュールが電源オンになり、衛星が利用可能な場合に自動的に更新されます。もう一つは、インターネットサーバーから取得するサーバー生成のエフェメリス予測(EPOと呼ばれる)です。これは最大14日間有効です。両方のエフェメリス予測は、オンボードフラッシュメモリに保存され、15秒未満のコールドスタート時間を実現します。


  • MC-1612-B
    MC-1612-B
    MC-1612-B

    LOCOSYS MC-1612-Bは、MediaTekの最新世代MT3333 GNSSチップをベースにしています。GPS、BEIDOU、GALILEO、QZSS、SBASを含む複数の衛星コンステレーションを同時に取得し、追跡することができる完全なスタンドアロンGNSSモジュールです。低消費電力で小型のフォームファクタを特徴としています。また、都市のキャニオンや密集した植生環境でも優れた感度とパフォーマンスを提供することができます。 このモジュールは、より速いコールドスタートを実現するためにハイブリッドエフェメリス予測をサポートしています。 1つはネットワークの支援やホストCPUの介入を必要としない、自己生成の星表予測(EASYと呼ばれるもの)です。 これは最大3日間有効であり、GNSSモジュールが電源オンになり、衛星が利用可能な場合に自動的に更新されます。 もう一つは、インターネットサーバーから取得するサーバー生成のエフェメリス予測(EPOと呼ばれる)です。 これは最大14日間有効です。 エフェメリスの予測は、オンボードのフラッシュメモリに保存され、15秒未満の冷間スタート時間を実行します。


  • MC-1612-B2
    MC-1612-B2
    MC-1612-B2

    LOCOSYS MC-1612-B2は、MediaTekの新世代MT3333 GNSSチップに基づいています。GPS、BEIDOU、GALILEO、QZSS、SBASを含む複数の衛星コンステレーションを同時に取得および追跡できる完全なスタンドアロンGNSSモジュールです。   低消費電力と小型フォームファクターが特徴です。さらに、都市部のキャニオンや密集した植生環境でも優れた感度とパフォーマンスを提供できます。   このモジュールは、ハイブリッド測地予報をサポートし、冷起動時間を短縮できます。1つは自己生成の測地予報(EASY)で、ネットワークアシストやホストCPUの介入は不要です。   これは、最大3日間有効であり、GNSSモジュールが電源オンになり、衛星が利用可能な場合に自動的に更新されます。もう一つは、インターネットサーバーから取得するサーバー生成のエフェメリス予測(EPOと呼ばれる)です。これは最大14日間有効です。両方のエフェメリス予測は、オンボードフラッシュメモリに保存され、15秒未満のコールドスタート時間を実現します。


  • MC-1612-G
    MC-1612-G
    MC-1612-G

    LOCOSYS MC-1612-Gは完全な独立型GNSSモジュールです。このモジュールは、GPS、GLONASS、GALILEO、QZSS、SBASを含む複数の衛星コンステレーションを同時に取得し、追跡することができます。低消費電力で小型のフォームファクタを特徴としています。また、都市のキャニオンや密集した植生環境でも優れた感度とパフォーマンスを提供することができます。 このモジュールは、ネットワークアシスタンスやホストCPUの介入なしに自己生成の推定暦(EASY)を使用することで、高速なコールドスタートを実現します。 これは、最大3日間有効であり、GNSSモジュールが電源オンになり、衛星が利用可能なときに自動的に定期的に更新されます。 もう一つは、インターネットサーバーから取得するサーバー生成エフェメリス予測(EPOと呼ばれる)です。これは最大14日間有効です。両方のエフェメリス予測は、オンボードフラッシュメモリに保存され、15秒未満のコールドスタート時間を実現します。


  • MC-1612-G2
    MC-1612-G2
    MC-1612-G2

    LOCOSYS MC-1612-G2はMediaTek先進の新世代MT3333 GNSS チップに基づいています。これは、GPS、GLONASS、GALILEO、QZSSおよびSBASを含む複数の衛星群を同時に取得および追跡できる完全な独立型GNSSモジュールです。   低消費電力と小型フォームファクターが特徴です。さらに、都市部のキャニオンや密集した植生環境でも優れた感度とパフォーマンスを提供できます。   このモジュールは、ハイブリッド測地予報をサポートし、冷起動時間を短縮できます。1つは自己生成の測地予報(EASY)で、ネットワークアシストやホストCPUの介入は不要です。   これは、最大3日間有効であり、GNSSモジュールが電源オンになり、衛星が利用可能な場合に自動的に更新されます。もう一つは、インターネットサーバーから取得するサーバー生成のエフェメリス予測(EPOと呼ばれる)です。これは最大14日間有効です。両方のエフェメリス予測は、オンボードフラッシュメモリに保存され、15秒未満のコールドスタート時間を実現します。


  • MC-1513-G
    MC-1513-G
    MC-1513-G

    LOCOSYS MC-1513-GはMediaTek先進の新世代MT3333 GNSS チップに基づいています。これは、GPS、GLONASS、GALILEO、QZSS、SBASを含む複数の衛星群を同時に取得し追跡できる完全なスタンドアロンGNSSモジュールです。 このモジュールは、高速なコールドスタートを実現するためのハイブリッド測地予報をサポートしています。1つは自己生成の測地予報(EASY)で、ネットワークアシストやホストCPUの介入は不要です。 これは最大3日間有効で、GNSSモジュールの電源がオンで衛星が利用可能な場合、自動的に更新されます。もう1つはサーバー生成の測地予報(EPO)で、外部サーバーから取得します。 このモジュールは、ネットワークアシスタンスやホストCPUの介入なしに自己生成の推定暦(EASY)を使用することで、高速なコールドスタートを実現します。 これは、最大3日間有効であり、GNSSモジュールが電源オンになり、衛星が利用可能な場合に自動的に更新されます。もう一つは、インターネットサーバーから取得するサーバー生成のエフェメリス予測(EPOと呼ばれる)です。これは最大14日間有効です。両方のエフェメリス予測は、オンボードフラッシュメモリに保存され、15秒未満のコールドスタート時間を実現します。


  • MC-1722-B
    MC-1722-B
    MC-1722-B

    LOCOSYS MC-1722-Bは完全な独立型GNSSモジュールです。このモジュールは同時に 複数の衛星群を取得し追跡することができ、GPSやBEIDOU、QZSS、SBASなどに対応しています。低消費電力で小型のフォームファクターを特徴としており、 都市部の谷間や密集した植生環境でも優れた感度と性能を発揮することができます。 GNSS Module MC-1722-B これは有効期間が最大3日間で、GNSSモジュールの電源がオンで衛星が利用可能な場合、自動的に更新されます。 もう1つはサーバー生成の測地予報(EPO)で、外部サーバーから取得します。 これは有効期間が最大3日間で、GNSSモジュールの電源がオンで衛星が利用可能な場合、自動的に更新されます。 もう1つはサーバー生成の測地予報(EPO)で、外部サーバーから取得します。 インターネットサーバー。これは最大14日間有効です。両方の暦予報は、オンボードのフラッシュメモリに保存され、15秒未満の冷起動時間を実現します。 メモリに保存され、15秒未満の冷起動時間を実現します。


  • MC-1722-G
    MC-1722-G
    MC-1722-G

    LOCOSYS MC-1722-Gは完全な独立型GNSSモジュールです。このモジュールは、GPS、GLONASS、GALILEO、QZSSおよびSBASを含む複数の衛星群を同時に取得および追跡できます。 低消費電力と小型フォームファクターを特徴としています。さらに、都市部のキャニオンや密集した植生環境でも優れた感度と性能を提供できます。 このモジュールは、高速なコールドスタートを実現するためのハイブリッド測地予報をサポートしています。1つは自己生成の測地予報(EASY)で、ネットワークアシストやホストCPUの介入は不要です。 これは最大3日間有効で、GNSSモジュールの電源がオンで衛星が利用可能な場合、自動的に更新されます。もう1つはサーバー生成の測地予報(EPO)で、外部サーバーから取得します。 これは有効期間が最大3日間で、GNSSモジュールの電源がオンで衛星が利用可能な場合、自動的に更新されます。 もう1つはサーバー生成の測地予報(EPO)で、外部サーバーから取得します。 これは有効期間が最大3日間で、GNSSモジュールの電源がオンで衛星が利用可能な場合、自動的に更新されます。 もう1つはサーバー生成の測地予報(EPO)で、外部サーバーから取得します。 インターネットサーバー。これは最大14日間有効です。両方の暦予報は、オンボードのフラッシュメモリに保存され、15秒未満の冷起動時間を実現します。 メモリに保存され、15秒未満の冷起動時間を実現します。 これは有効期間が最大3日間で、GNSSモジュールの電源がオンで衛星が利用可能な場合、自動的に更新されます。 もう1つはサーバー生成の測地予報(EPO)で、外部サーバーから取得します。 これは有効期間が最大3日間で、GNSSモジュールの電源がオンで衛星が利用可能な場合、自動的に更新されます。 もう1つはサーバー生成の測地予報(EPO)で、外部サーバーから取得します。 インターネットサーバー。これは最大14日間有効です。両方の暦予報は、オンボードのフラッシュメモリに保存され、15秒未満の冷起動時間を実現します。 メモリに保存され、15秒未満の冷起動時間を実現します。


  • MZ-1722-P
    MZ-1722-P
    MZ-1722-P

    LOCOSYS MZ-1722-Pは、RTKやPPKなどの高精度位置情報のための生データを出力できる、マルチコンステレーションデュアル周波数GNSSモジュールです。 測定データとエフェメリスデータは、GPS L1/L2、GLONASS L1/L2、BEIDOU L/L2、およびQZSS L1/L2を含む標準のRTCM3.X形式で送信されます。 また、NMEA形式での自律的な位置情報も提供します。 最大の更新レートは10Hzです。 また、内蔵の防止技術と迅速な要求により、高精度なアプリケーションに最適なソリューションとなっています。


  • HD-1010-GA
    HD-1010-GA
    HD-1010-GA

    LOCOSYS HD-1010-GAは、ALLYSTARの最新のHD 8021 GNSSチップを使用した完全なスタンドアロンGNSSモジュールです。 追加のLNAとSAWフィルターと統合されています。モジュールは同時に複数の衛星コンステレーション(GPS、GLONASS、GALILEO、QZSS、SBASを含む)を取得および追跡することができます。 低消費電力で小型フォームファクターを特徴としています。また、都市のキャニオンや密集した植生環境でも優れた感度とパフォーマンスを提供することができます。 GNSSモジュールHD-1010-GA LOCOSYS HD-1010-GAは、ALLYSTARの最新のHD8021 GNSSチップを使用した完全なスタンドアロンGNSSモジュールです。追加のLNAとSAWフィルターと統合されています。


  • HD-1010-BA
    HD-1010-BA
    HD-1010-BA

    LOCOSYS HD-1010-BAは、ALLYSTARの最新のHD8020 GNSSチップを使用し、追加のLNAとSAWフィルターと統合された完全なスタンドアロンGNSSモジュールです。 モジュールは、GPS、BEIDOU、GALILEO、QZSS、SBASを含む複数の衛星コンステレーションを同時に取得および追跡することができます。 低消費電力と小型フォームファクターを特徴としています。 また、都市の峡谷や密集した植生環境でも優れた感度とパフォーマンスを提供することができます。


  • HD-1612-BA
    HD-1612-BA
    HD-1612-BA

    LOCOSYS HD-1612-BAは、ALLYSTARの最新のHD8020 GNSSチップを使用し、追加のLNAとSAWフィルターと統合された完全なスタンドアロンGNSSモジュールです。 モジュールは、GPS、BEIDOU、GALILEO、QZSS、SBASを含む複数の衛星コンステレーションを同時に取得および追跡することができます。 低消費電力と小型フォームファクターを特徴としています。 また、都市の峡谷や密集した植生環境でも優れた感度とパフォーマンスを提供することができます。


  • MC-1010-18Q
    MC-1010-18Q
    MC-1010-18Q

    LOCOSYS MC-1010-18Qは、すべてのグローバル民間航法システムを追跡することができる高性能GNSS位置決めモジュールです。 新しいGPS L1CおよびBEIDOU B1C信号をサポートしています。 Airoha AG3352プラットフォームをベースに、MC-1010-18QはGPS、GLONASS、BeiDou、Galileo、QZSSの全ての衛星システムからの信号を同時に受信し処理することができます。SBASのサポートと組み合わせることで、可視衛星の数を大幅に増やし、位置情報の精度を向上させます。 このモジュールは、従来のデバイスに比べて40%の向上を実現する1.5m CEP(オープンスカイ)の位置精度を達成することができます。優れたコールドスタート感度により、難しい弱い信号環境でも自律的に取得、追跡、位置修正を行うことができます。優れたトラッキング感度により、ほぼすべての屋外アプリケーション環境で連続的な位置カバレッジを提供します。 モジュールはハイブリッドエフェメリス予測をサポートしており、より速いコールドスタートを実現します。 1つはネットワークの支援やホストCPUの介入を必要としない、自己生成の星表予測(EASYと呼ばれるもの)です。 これは最大3日間有効であり、GNSSモジュールが電源オンになり、衛星が利用可能な場合に自動的に更新されます。 もう一つは、インターネットサーバーから取得するサーバー生成のエフェメリス予測(EPOと呼ばれる)です。 これは最大14日間有効です。 エフェメリスの予測は、オンボードのフラッシュメモリに保存され、15秒未満の冷間スタート時間を実行します。 より高速なGNSSの修正により、以前よりも小さな電力予算で正確な位置情報サービスとナビゲーションサービスをいつでもどこでも利用することが可能になりました。コスト最適化バージョンと、フィットネスや通常のナビゲーションモードでの適応型低電力(ALP)機能をサポートする低電力バージョンも利用可能です。


  • MC-1010-52Q
    MC-1010-52Q
    MC-1010-52Q

    LOCOSYS MC-1010-52Qは、すべてのグローバル民間航法システムを追跡することができる高性能GNSS位置決めモジュールです。 新しいGPS L1CおよびBEIDOU B1C信号をサポートしています。 Airoha AG3352プラットフォームをベースに、MC-1010-52QはGPS、GLONASS、BeiDou、Galileo、QZSSの全ての衛星システムからの信号を同時に受信し処理することができます。SBASのサポートと組み合わせることで、可視衛星の数を大幅に増やし、位置情報の精度を向上させます。 このモジュールは、従来のデバイスに比べて40%の向上を実現する1.5m CEP(オープンスカイ)の位置精度を達成することができます。優れたコールドスタート感度により、難しい弱い信号環境でも自律的に取得、追跡、位置修正を行うことができます。優れたトラッキング感度により、ほぼすべての屋外アプリケーション環境で連続的な位置カバレッジを提供します。 モジュールはハイブリッドエフェメリス予測をサポートしており、より速いコールドスタートを実現します。 1つはネットワークの支援やホストCPUの介入を必要としない、自己生成の星表予測(EASYと呼ばれるもの)です。 これは最大3日間有効であり、GNSSモジュールが電源オンになり、衛星が利用可能な場合に自動的に更新されます。 もう一つは、インターネットサーバーから取得するサーバー生成のエフェメリス予測(EPOと呼ばれる)です。 これは最大14日間有効です。 エフェメリスの予測は、オンボードのフラッシュメモリに保存され、15秒未満の冷間スタート時間を実行します。 より高速なGNSSの修正により、以前よりも小さな電力予算で正確な位置情報サービスとナビゲーションサービスをいつでもどこでも利用することが可能になりました。コスト最適化バージョンと、フィットネスや通常のナビゲーションモードでの適応型低電力(ALP)機能をサポートする低電力バージョンも利用可能です。


  • MC-1010-V3a
    MC-1010-V3a
    MC-1010-V3a

    LOCOSYS MC-1010-Vxx シリーズは、すべてのグローバル民間航法システムを追跡できる高性能デュアルバンドGNSS位置決めモジュールです。12 nmプロセスを採用し、効率的な電力管理アーキテクチャを統合して低消費電力かつ高感度な動作を実現しています。さらに、L1およびL5バンド信号の同時受信により、マルチパス遅延を軽減し、サブメートルの位置精度を実現します。   モジュールはハイブリッドエフェメリス予測をサポートしており、より速いコールドスタートを実現します。 1つはネットワークの支援やホストCPUの介入を必要としない、自己生成のエフェメリス予測(EPOCと呼ばれるもの)です。 これは最大3日間有効であり、GNSSモジュールが電源オンになり、衛星が利用可能な場合に自動的に更新されます。 もう一つは、インターネットサーバーから取得するサーバー生成のエフェメリス予測(EPOと呼ばれる)です。 これは最大14日間有効です。 エフェメリスの予測は、オンボードのフラッシュメモリに保存され、15秒未満の冷間スタート時間を実行します。   アクティブアンテナ付きのMC-1010-V3xは、AIS 140規格に含まれる感度仕様に準拠できます。これは、AIS 140に準拠した追跡アプリケーションを設計するお客様にとって最適なソリューションです。


  • MC-1010-V3b
    MC-1010-V3b
    MC-1010-V3b

    LOCOSYS MC-1010-Vxx シリーズは、すべてのグローバル民間航法システムを追跡できる高性能デュアルバンドGNSS位置決めモジュールです。12 nmプロセスを採用し、効率的な電力管理アーキテクチャを統合して低消費電力かつ高感度な動作を実現しています。さらに、L1およびL5バンド信号の同時受信により、マルチパス遅延を軽減し、サブメートルの位置精度を実現します。   モジュールはハイブリッドエフェメリス予測をサポートしており、より速いコールドスタートを実現します。 1つはネットワークの支援やホストCPUの介入を必要としない、自己生成のエフェメリス予測(EPOCと呼ばれるもの)です。 これは最大3日間有効であり、GNSSモジュールが電源オンになり、衛星が利用可能な場合に自動的に更新されます。 もう一つは、インターネットサーバーから取得するサーバー生成のエフェメリス予測(EPOと呼ばれる)です。 これは最大14日間有効です。 エフェメリスの予測は、オンボードのフラッシュメモリに保存され、15秒未満の冷間スタート時間を実行します。   アクティブアンテナ付きのMC-1010-V3xは、AIS 140規格に含まれる感度仕様に準拠できます。これは、AIS 140に準拠した追跡アプリケーションを設計するお客様にとって最適なソリューションです。


  • MC-1612-V3b
    MC-1612-V3b
    MC-1612-V3b

    LOCOSYS MC-1612-Vxxシリーズは、すべてのグローバル民間航法システムを追跡できる高性能デュアルバンドGNSS位置決めモジュールです。12 nmプロセスを採用し、効率的な電力管理アーキテクチャを統合して低消費電力かつ高感度な動作を実現しています。さらに、L1およびL5バンド信号の同時受信により、マルチパス遅延を軽減し、サブメートルの位置精度を実現します。   モジュールは、より速い冷起動を実現するためのハイブリッド暦予測をサポートしています。1つは自己生成の暦予測(EPOCと呼ばれる)で、ネットワークアシストやホストCPUの介入は必要ありません。これは最大3日間有効で、GNSSモジュールの電源がオンで衛星が利用可能な場合、自動的に更新されます。もう1つはサーバー生成の暦予測(EPOと呼ばれる)で、インターネットサーバーから取得します。これは最大14日間有効です。両方の暦予測は搭載フラッシュメモリに保存され、冷起動時間は15秒未満です。   MC-1612-V3bモジュールのRFフロントエンドは、AIS 140規格に含まれる感度仕様に準拠するように特別に設計されています。これは、AIS 140に準拠した追跡アプリケーションを設計するお客様にとって最適なソリューションです。


  • MC-1612a-V3b
    MC-1612a-V3b
    MC-1612a-V3b

    LOCOSYS MC-1612a-Vxxは、すべての世界民間航法システムを追跡できる高性能デュアルバンドGNSS位置決めモジュールです。12nmプロセスを採用し、効率的な電力管理アーキテクチャを統合して、低消費電力と高感度を実現しています。さらに、L1およびL5バンド信号の同時受信により、マルチパス遅延を軽減し、より正確な位置を達成します。   モジュールはハイブリッドエフェメリス予測をサポートしており、より速いコールドスタートを実現します。 1つはネットワークの支援やホストCPUの介入を必要としない、自己生成のエフェメリス予測(EPOCと呼ばれるもの)です。 これは最大3日間有効であり、GNSSモジュールが電源オンになり、衛星が利用可能な場合に自動的に更新されます。 もう一つは、インターネットサーバーから取得するサーバー生成のエフェメリス予測(EPOと呼ばれる)です。 これは最大14日間有効です。 両方の歳差運動予測は機上のフラッシュメモリに保存され、より高速な冷起動を実行します。   MC-161a-V3bモジュールのRFフロントエンドは、AIS 140規格に含まれる感度仕様に準拠するように特別に設計されています。これは、AIS 140に準拠した追跡アプリケーションを設計するお客様にとって最適なソリューションです。


  • MC-1010i-V2b
    MC-1010i-V2b
    MC-1010i-V2b

    LOCOSYS MC-1010i-V2bは、すべてのグローバル民間航法システムを追跡できる高性能デュアルバンドGNSS位置決めモジュールです。12 nmプロセスを採用し、効率的な電力管理アーキテクチャを統合して低消費電力かつ高感度な動作を実現しています。さらに、L1およびL5バンド信号の同時受信により、マルチパス遅延を軽減し、より正確な位置情報を実現します。   モジュールはハイブリッドエフェメリス予測をサポートしており、より速いコールドスタートを実現します。 1つはネットワークの支援やホストCPUの介入を必要としない、自己生成のエフェメリス予測(EPOCと呼ばれるもの)です。 これは最大3日間有効であり、GNSSモジュールが電源オンになり、衛星が利用可能な場合に自動的に更新されます。 もう一つは、インターネットサーバーから取得するサーバー生成のエフェメリス予測(EPOと呼ばれる)です。 これは最大14日間有効です。 エフェメリスの予測は、オンボードのフラッシュメモリに保存され、15秒未満の冷間スタート時間を実行します。


  • MC-1010-V2a
    MC-1010-V2a
    MC-1010-V2a

    LOCOSYS MC-1010-Vxx シリーズは、すべてのグローバル民間航法システムを追跡できる高性能デュアルバンドGNSS位置決めモジュールです。12 nmプロセスを採用し、効率的な電力管理アーキテクチャを統合して低消費電力かつ高感度な動作を実現しています。さらに、L1およびL5バンド信号の同時受信により、マルチパス遅延を軽減し、サブメートルの位置精度を実現します。   モジュールはハイブリッドエフェメリス予測をサポートしており、より速いコールドスタートを実現します。 1つはネットワークの支援やホストCPUの介入を必要としない、自己生成のエフェメリス予測(EPOCと呼ばれるもの)です。 これは最大3日間有効であり、GNSSモジュールが電源オンになり、衛星が利用可能な場合に自動的に更新されます。 もう一つは、インターネットサーバーから取得するサーバー生成のエフェメリス予測(EPOと呼ばれる)です。 これは最大14日間有効です。 エフェメリスの予測は、オンボードのフラッシュメモリに保存され、15秒未満の冷間スタート時間を実行します。   アクティブアンテナ付きのMC-1010-V3xは、AIS 140規格に含まれる感度仕様に準拠できます。これは、AIS 140に準拠した追跡アプリケーションを設計するお客様にとって最適なソリューションです。


  • MC-1010-V2b
    MC-1010-V2b
    MC-1010-V2b

    LOCOSYS MC-1010-Vxx シリーズは、すべてのグローバル民間航法システムを追跡できる高性能デュアルバンドGNSS位置決めモジュールです。12 nmプロセスを採用し、効率的な電力管理アーキテクチャを統合して低消費電力かつ高感度な動作を実現しています。さらに、L1およびL5バンド信号の同時受信により、マルチパス遅延を軽減し、サブメートルの位置精度を実現します。   モジュールはハイブリッドエフェメリス予測をサポートしており、より速いコールドスタートを実現します。 1つはネットワークの支援やホストCPUの介入を必要としない、自己生成のエフェメリス予測(EPOCと呼ばれるもの)です。 これは最大3日間有効であり、GNSSモジュールが電源オンになり、衛星が利用可能な場合に自動的に更新されます。 もう一つは、インターネットサーバーから取得するサーバー生成のエフェメリス予測(EPOと呼ばれる)です。 これは最大14日間有効です。 エフェメリスの予測は、オンボードのフラッシュメモリに保存され、15秒未満の冷間スタート時間を実行します。   アクティブアンテナ付きのMC-1010-V3xは、AIS 140規格に含まれる感度仕様に準拠できます。これは、AIS 140に準拠した追跡アプリケーションを設計するお客様にとって最適なソリューションです。


  • MC-1612-V2b
    MC-1612-V2b
    MC-1612-V2b

    LOCOSYS MC-1612-Vxxシリーズは、すべてのグローバル民間航法システムを追跡できる高性能デュアルバンドGNSS位置決めモジュールです。12 nmプロセスを採用し、効率的な電力管理アーキテクチャを統合して低消費電力かつ高感度な動作を実現しています。さらに、L1およびL5バンド信号の同時受信により、マルチパス遅延を軽減し、サブメートルの位置精度を実現します。   モジュールは、より速い冷起動を実現するためのハイブリッド暦予測をサポートしています。1つは自己生成の暦予測(EPOCと呼ばれる)で、ネットワークアシストやホストCPUの介入は必要ありません。これは最大3日間有効で、GNSSモジュールの電源がオンで衛星が利用可能な場合、自動的に更新されます。もう1つはサーバー生成の暦予測(EPOと呼ばれる)で、インターネットサーバーから取得します。これは最大14日間有効です。両方の暦予測は搭載フラッシュメモリに保存され、冷起動時間は15秒未満です。   MC-1612-V3bモジュールのRFフロントエンドは、AIS 140規格に含まれる感度仕様に準拠するように特別に設計されています。これは、AIS 140に準拠した追跡アプリケーションを設計するお客様にとって最適なソリューションです。


  • MC-1612a-V2b
    MC-1612a-V2b
    MC-1612a-V2b

    LOCOSYS MC-1612a-Vxxは、すべての世界民間航法システムを追跡できる高性能デュアルバンドGNSS位置決めモジュールです。12nmプロセスを採用し、効率的な電力管理アーキテクチャを統合して、低消費電力と高感度を実現しています。さらに、L1およびL5バンド信号の同時受信により、マルチパス遅延を軽減し、より正確な位置を達成します。   モジュールはハイブリッドエフェメリス予測をサポートしており、より速いコールドスタートを実現します。 1つはネットワークの支援やホストCPUの介入を必要としない、自己生成のエフェメリス予測(EPOCと呼ばれるもの)です。 これは最大3日間有効であり、GNSSモジュールが電源オンになり、衛星が利用可能な場合に自動的に更新されます。 もう一つは、インターネットサーバーから取得するサーバー生成のエフェメリス予測(EPOと呼ばれる)です。 これは最大14日間有効です。 両方の歳差運動予測は機上のフラッシュメモリに保存され、より高速な冷起動を実行します。   MC-161a-V3bモジュールのRFフロントエンドは、AIS 140規格に含まれる感度仕様に準拠するように特別に設計されています。これは、AIS 140に準拠した追跡アプリケーションを設計するお客様にとって最適なソリューションです。



結果 1 - 24 の 38
12

プレスリリース