拘束されない推測航法(UDR)

プロモーション製品-ST-1612r-DGX

プロモーション製品-ST-1612r-DGX

LOCOSYS ST-1612r-DGx推測航法(DR)モジュールは、自動車アプリケーションに最適なソリューションです。GPS、GLONASS、GALILEO、QZSSをサポートするだけでなく、慣性センサー(3軸加速度計と3軸ジャイロ)を備え、推測航法を提供します。

もっと
プロモーション製品-RTK-4671-MH

プロモーション製品-RTK-4671-MH

デュアル周波数RTK-4671-MHレシーバーは、センチメートルレベルの位置決め精度を必要とするアプリケーション向けに設計された、コンパクトでコスト効率の高い高精度GNSS RTKボードです。

もっと

拘束されない推測航法(UDR)

UDR

特徴

LOCOSYS Untethered Dead Reckoning製品は、位置データの高リフレッシュレートまたは即時の高ナビゲーションレート(HNR)出力を提供します。

推測航法モジュール

推測航法テクノロジー

現在、車両は通常、全地球測位システム(GPS / GNSS)を使用して配置されている
が、実際のアプリケーションでは、GNSS衛星信号が完全に信頼できない   陸橋、高層ビルE S、地下駐車場、トンネル、密な木や他の保護さ環境 れでき  reduc 電子 位置決め精度を。したがって、ナビゲーションの精度を向上させたい場合は、 推測 航法が必要になります。

推測航法  Combiniはngの GNSSと

推測航法とGNSSの完璧な組み合わせは、自動車ナビゲーションに最適です。GNSS信号、ジャイロステアリング情報、CANバスの速度/パルス推定と組み合わせると、シームレスなリアルタイムの正確な位置決めが実現します。   

さらに、LOCOSYSによるDead Reckoningテクノロジーの適用は、車の所有者に朗報です。GNSS信号が失われたときに運転中であっても、正確にナビゲートして位置を特定できるためです。

タグ:  DRモジュール、  推測航法(DR)、   推測航法技術、  GNSSモジュール

地下トンネルの推測航法

LOCOSYSの成功事例



ダークブルーのトラック:GNSS
ライトブルーのトラック:UDR

場所:東京、山手トンネル18.6 kmの厳しいフィールドテスト。

結果 1 - 7 の 7

結果 1 - 7 の 7

プレスリリース