推測航法の最終製品

プロモーション製品-MC-1612-DG

プロモーション製品-MC-1612-DG

LOCOSYS MC-1612-DGは、ARMベースプロセッサを備えたシングルバンドマルチシステムです。 GPS、GLONASS、GALILEO、QZSS、SBASをサポートするだけでなく、フラッシュメモリ、TCXO、RTCクリスタル、LNA、SAWフィルター、埋め込みMEMSセンサー(6軸加速度計ジャイロ)、1穴圧力(オプション)も備えていますDRソフトウェアを備えたMicro-Electro-Mechanical Systems(MEMS)センサー。

もっと
販促品-1010シリーズ

販促品-1010シリーズ

1010シリーズモジュールは、高感度、低電力、超小型フォームファクタを特長としています。

もっと

推測航法の最終製品

DR最終製品

特徴

LOCOSYS Dead Reckoning最終製品は、自動車用途に最適なソリューションです。

推測航法モジュール

推測航法テクノロジー

現在、車両は通常、全地球測位システム(GPS / GNSS)を使用して配置されています。
ただし、実際のアプリケーションでは、GNSS衛星信号は 、高精度の建物、高架道路 、地下駐車場、トンネル、密な樹木など 、測位精度を 低下さ せる可能性 のある保護された環境 では 完全に信頼できません したがって、ナビゲーションの精度を向上させたい場合は、 推測 航法が必要になります。

GNSSとの推測航法の組み合わせ

推測航法とGNSSの完璧な組み合わせは、自動車ナビゲーションに最適です。 GNSS信号、ジャイロステアリング情報、CANバス速度/パルス推定と組み合わせることで、シームレスなリアルタイムの正確な位置決めが実現します。

さらに、LOCOSYSによるDead Reckoningテクノロジーの適用は、車の所有者にとって朗報です。 GNSS信号が失われたときに運転中であっても、正確にナビゲートして位置を特定できるためです。

タグDRモジュール推測航法 (DR)推測航法技術GNSSモジュール

Dead Reckoning for Underground tunnels

結果 1 - 5 の 5

結果 1 - 5 の 5

プレスリリース