LOCOSYSは、GPS / GNSS製品/モジュールの専門メーカーです。

自動車メーカーの相手先ブランド供給市場

自動車メーカーの相手先ブランド供給市場
自動車メーカーの相手先ブランド供給市場

LOCOSYSサブメーターL1 + L5 GNSSモジュール、RTKソリューション、推測航法モジュールは、高精度の測位精度、方位、さらにはDR性能を提供できます。
 
LOCOSYS製品は寸法が小さく、設計レイアウトのコスト削減が容易です。また、高い位置精度、正確な方位、低消費電力を備えているため、顧客が高性能を体験するときに、消費を気にする必要がありません。
 
LOCOSYSの生産はIATF16949に準拠しており、ISO 9001の認証を取得しています。これは、LOCOSYSが自動車業界のTier1およびTier2メーカーの認定サプライヤーであることを意味します。

関連製品
  • サブメーターモジュール
<br />(L1 + L5)+ 1.8V - LOCOSYS MC-1010-Vxxシリーズは<br />、すべてのグローバルな民間ナビゲーションシステムを追跡できる高性能デュアルバンドGNSS測位モジュール
です。12 nmプロセスを採用し、効率的な<br />電力管理アーキテクチャを統合
して、低電力と高感度を実現します。
    サブメーターモジュール <br />(L1 + L5)+ 1.8V
    MC-1010-V2a / MC-1010-V3a

    LOCOSYS MC-1010-Vxxシリーズは、すべてのグローバルな民間ナビゲーションシステムを追跡できる高性能デュアルバンドGNSS測位モジュールです。 12 nmプロセスを採用し、効率的な電力管理アーキテクチャを統合して、低電力と高感度を実現します。さらに、L1およびL5バンド信号の同時受信により、マルチパス遅延が軽減され、サブメートルの位置精度が実現されます。   モジュールは、ハイブリッドエフェメリス予測をサポートして、より高速なコールドスタートを実現します。1つは、ネットワーク支援とホストCPUの介入の両方を必要としない自己生成エフェメリス予測(EASYと呼ばれる)です。これは最大3日間有効で、GNSSモジュールの電源がオンになり、衛星が利用可能になると、随時自動的に更新されます。もう1つは、インターネットサーバーから取得するサーバー生成のエフェメリス予測(EPOと呼ばれる)です。これは最大14日間有効です。両方のエフェメリス予測はオンボードフラッシュメモリに保存され、15秒未満のコールドスタート時間を実行します。   アクティブアンテナを備えたMC-1010-V3xは、AIS140規格に含まれる感度仕様に準拠できます。これは、AIS140に準拠して追跡アプリケーションを設計する顧客にとって最良のソリューションです。


  • サブメーターモジュール
<br />(L1 + L5)+ 3.3V - LOCOSYS MC-1010-Vxxシリーズは<br />、すべてのグローバルな民間ナビゲーションシステムを追跡できる高性能デュアルバンドGNSS測位モジュール
です。12 nmプロセスを採用し、効率的な<br />電力管理アーキテクチャを統合
して、低電力と高感度を実現します。
    サブメーターモジュール <br />(L1 + L5)+ 3.3V
    MC-1010-V2b / MC-1010-V3b

    LOCOSYS MC-1010-Vxxシリーズは、すべてのグローバルな民間ナビゲーションシステムを追跡できる高性能デュアルバンドGNSS測位モジュールです。 12 nmプロセスを採用し、効率的な電力管理アーキテクチャを統合して、低電力と高感度を実現します。さらに、L1およびL5バンド信号の同時受信により、マルチパス遅延が軽減され、サブメートルの位置精度が実現されます。   モジュールは、ハイブリッドエフェメリス予測をサポートして、より高速なコールドスタートを実現します。1つは、ネットワーク支援とホストCPUの介入の両方を必要としない自己生成エフェメリス予測(EASYと呼ばれる)です。これは最大3日間有効で、GNSSモジュールの電源がオンになり、衛星が利用可能になると、随時自動的に更新されます。もう1つは、インターネットサーバーから取得するサーバー生成のエフェメリス予測(EPOと呼ばれる)です。これは最大14日間有効です。両方のエフェメリス予測はオンボードフラッシュメモリに保存され、15秒未満のコールドスタート時間を実行します。   アクティブアンテナを備えたMC-1010-V3xは、AIS140規格に含まれる感度仕様に準拠できます。これは、AIS140に準拠して追跡アプリケーションを設計する顧客にとって最良のソリューションです。


  • サブメーターモジュール
<br />(L1 + L5)+ 3.3V - LOCOSYS MC-1612-Vxxシリーズは<br />、すべてのグローバルな民間ナビゲーションシステムを追跡できる高性能デュアルバンドGNSS測位モジュール
です。12 nmプロセスを採用し、効率的な<br />電力管理アーキテクチャを統合
して、低電力と高感度を実現します。
    サブメーターモジュール <br />(L1 + L5)+ 3.3V
    MC-1612-V2b / MC-1612-V3b

    LOCOSYS MC-1612-Vxxシリーズは、すべてのグローバルな民間ナビゲーションシステムを追跡できる高性能デュアルバンドGNSS測位モジュールです。 12 nmプロセスを採用し、効率的な電力管理アーキテクチャを統合して、低電力と高感度を実現します。さらに、L1およびL5バンド信号の同時受信により、マルチパス遅延が軽減され、サブメートルの位置精度が実現されます。   モジュールは、ハイブリッドエフェメリス予測をサポートして、より高速なコールドスタートを実現します。1つは、ネットワーク支援とホストCPUの介入の両方を必要としない自己生成エフェメリス予測(EASYと呼ばれる)です。これは最大3日間有効で、GNSSモジュールの電源がオンになり、衛星が利用可能になると、随時自動的に更新されます。もう1つは、インターネットサーバーから取得するサーバー生成のエフェメリス予測(EPOと呼ばれる)です。これは最大14日間有効です。両方のエフェメリス予測はオンボードフラッシュメモリに保存され、15秒未満のコールドスタート時間を実行します。   MC-1612-V3bのRFフロントエンドは、AIS 140規格に含まれる感度仕様に準拠するように特別に設計されています(図3-2の注を参照してください)。これは、AIS140に準拠して追跡アプリケーションを設計する顧客にとって最良のソリューションです。


  • DRモジュール - LOCOSYS MC-1612-DG推測航法(DR)モジュールは、自動車アプリケーションに最適なソリューションです。
    DRモジュール
    MC-1612-DG

    LOCOSYS MC-1612-DGは、ARMベースプロセッサを搭載したシングルバンドマルチシステムです。 GPS、GLONASS、GALILEO、QZSSをサポートするだけでなく、フラッシュメモリ、TCXO、RTCクリスタル、LNAおよびSAWフィルター、埋め込みMEMSセンサー(6軸加速度計ジャイロ)、1穴圧力(オプション)マイクロ- DRソフトウェアを搭載した電気機械システム(MEMS)センサー。拡張カルマンフィルターアルゴリズムは、GNSSおよびMEMSセンサーデータを、GNSS信号品質に依存する重み関数と組み合わせます。 DRが精度を高め、ソフトウェアがギャップを埋める、都市の峡谷、トンネル、または駐車場でのGNSSの悪条件。 3次元DR、標準NMEA出力をサポートし、さまざまなマップマッピング要求を完全にサポートします。   ADRモードのMC-1612-DGは、高精度の測位と推測航法のパフォーマンスを備えており、低消費電力でリアルタイムの1.5mの精度の測位と方位を提供します。このソフトウェアには、内蔵センサーからデータを受信して​​使用する機能と、車輪速度および前進/後進方向の外部信号が含まれています。車両信号は、ナビゲーションソリューションで高レベルの精度を提供するために使用されます。高感度、低消費電力、超小型フォームファクターを特長とし、ユーザーに優れたパフォーマンスを提供します。   UDRモード、MC-1612-DGトンネルのようなプール信号のある環境下、都市部および地下でも車両を介して速度を取得できない場合、UDRは内蔵MEMS、つまりMC-1612によって測位を維持する役割を果たします。 -DGは、上記の環境のアプリケーションでUDRを使用してシームレスなポジショニングの機能を実行し続けます。     MC-1612-DGにはGNSS / ADR / UDRの両方があります| 3-in-1シームレスポジショニング   MC-1612-DGは、信号の弱い環境や設置位置にかかわらず、フルカバレッジのポジショニング機能を提供し、過酷な環境下でアプリケーションに高いポジショニング性能を出力し続けます。それまでの間、3-in-1ソリューションであるMC-1612-DGを適用することで設計にメリットがもたらされるため、設計が簡単になり(物理速度を入力するかどうかを選択できます)、時間と労力を節約し、高速度を上げることができます。ポジショニング性能はあなたの期待を超えています。


  • DRモジュール - LOCOSYS ST-1612i-DGX推測航法(DR)モジュールは、自動車アプリケーションに最適なソリューションです。
    DRモジュール
    ST-1612i-DGX

    LOCOSYS ST-1612i-DGX推測航法(DR)モジュールは、自動車アプリケーションに最適なソリューションです。 ST-1612i-DGXには、3D加速度計、3DジャイロスコープMicro-Electro-Mechanical Systems(MEMS)センサーが組み込まれており、DRソフトウェアが搭載されており、STMicroelectronics TeseoIIIを搭載しています。DRが精度を高め、ソフトウェアがギャップを埋める、都市の峡谷、トンネル、または駐車場でのGNSSの悪条件。3次元DRをサポートします。このモジュールは、GPS、GLONASS、GALILEO、QZSSを含む複数の衛星コンステレーションを同時に取得して追跡できます。高感度、低電力、超小型フォームファクターを特長とし、ユーザーに優れたパフォーマンスを提供します。 ST-1612i-DGXモジュールは、AEC‑Q100に準拠したGNSSチップを使用し、ISO / TS16949認定サイトで製造されています。ST-1612i-DGXモジュールは、ホイールティック入力または速度の自動構成、および車載アンテナの補正により、設置をさらに容易にします。


  • DRモジュール - LOCOSYS ST-1612r-DGX推測航法(DR)モジュールは、自動車アプリケーションに最適なソリューションです。
    DRモジュール
    ST-1612r-DGX

    LOCOSYS ST-1612r-DGx推測航法(DR)モジュールは、自動車アプリケーションに最適なソリューションです。GPS、GLONASS、GALILEO、QZSSをサポートするだけでなく、推測航法を提供する慣性センサー(3軸加速度計と3軸ジャイロ)も備えています。走行距離計の接続または車速入力があるかどうかを検出し、ADRまたはUDRモードで自動的に動作します。 慣性センサーの生データと、ピッチ、ロール、および方位角を含む車両の高度の両方が、ドライバーの行動分析のために出力されます。たとえば、インターネットに接続された車両は、車両の高度に基づいて緊急電話(E-Call)を自動的に送信して支援を求めることができます。設置方向や自動校正機能の必要がないため、使いやすくなっています。これらの機能により、ST-1612r-DGxはマルチパス環境での位置エラーを減らし、トンネルや屋内駐車場などのGNSS信号が不十分または利用できない場所でも引き続き機能し、シームレスなカーナビゲーションを実現します。


  • サブメータースマートアンテナモジュール - LS2003x-Vxシリーズ製品は<br />、組み込みアンテナとGNSS受信機回路を含む高性能デュアルバンドGNSSスマートアンテナモジュールであり
、幅広いOEM<br />システムアプリケーション向けに設計されてい
ます。
    サブメータースマートアンテナモジュール
    LS2003x-Vx

    LS2003x-Vxシリーズ製品は、組み込みアンテナとGNSS受信機回路を含む高性能デュアルバンドGNSSスマートアンテナモジュールであり、幅広いOEMシステムアプリケーション向けに設計されています。 GNSSスマートアンテナは、L1信号とL5信号の両方を一度に取得すると同時に、スタンドアロンの位置精度を向上させます。それはあなたに速い最初の修正までの時間、優れた感度と低消費電力を提供することができます。その広範囲にわたる機能は、カーナビゲーションやその他のロケーションベースのアプリケーションの感度要件を満たしています。 モジュールは、ハイブリッドエフェメリス予測をサポートして、より高速なコールドスタートを実現します。1つは、ネットワーク支援とホストCPUの介入の両方を必要としない自己生成エフェメリス予測(EASYと呼ばれる)です。これは最大3日間有効で、GNSSモジュールの電源がオンになり、衛星が利用可能になると、随時自動的に更新されます。もう1つは、インターネットサーバーから取得するサーバー生成のエフェメリス予測(EPOと呼ばれる)です。これは最大14日間有効です。 両方のエフェメリス予測はオンボードフラッシュメモリに保存され、15秒未満のコールドスタート時間を実行します。LS20030-V3、LS20031-V3、およびLS20032-V3のRFフロントエンドは、AIS140規格に含まれる感度仕様に準拠するように特別に設計されています。これらは、AIS140に準拠して追跡アプリケーションを設計する顧客にとって最良のソリューションです。


  • GNSS + DRレシーバー - LS2303x-UDG超高性能GNSSマウスレシーバー/テザリング推測航法
    GNSS + DRレシーバー
    LS2303x-UDG

    LS2303x-UDGシリーズ製品は、実績のある技術に基づく完全なGNSS受信機です。このシリーズの製品には、LOCOSYS MC-1612-DGモジュール、3D加速度計、3Dジャイロスコープ、推測航法ソフトウェアが組み込まれています。それらは走行距離計の接続なしで推測航法を提供することができます。拡張カルマンフィルターアルゴリズムは、GNSSおよびMEMSセンサーデータを、GNSS信号品質に依存する重み関数と組み合わせます。信号の受信状態が悪い場合 マルチパス環境では、推測航法によって位置エラーが減少します。このシリーズの製品は、GPS、GLONASS、GALILEO、QZSS、SBASなどの複数の衛星コンステレーションを同時に取得して追跡できます。その上、それらは高感度、低電力を特徴とし、ユーザーに優れた性能を提供します。広範囲にわたる機能は、カーナビゲーションやその他のロケーションベースのアプリケーションの感度要件を満たしています。



プレスリリース