LOCOSYSは、GPS / GNSS製品/モジュールの専門メーカーです。

タイミングアプリケーション

タイミングアプリケーション
タイミングアプリケーション

LOCOSYSGPSタイミングアプリケーションの実際のケース

LOCOSYS ST-1612i-GTモジュールは、GPS、GLONASS、GALILEO、QZSSを含む複数の衛星コンステレーションを同時に取得して追跡できます。ST-1612i-GTは、タイミングアプリケーション用の正確なPPSを備えています。T-RAIMアルゴリズムと位置保持自動調査モードがあります。

LOCOSYS ST-1612-Tモジュールは、GPSとGLONASSを含む複数の衛星コンステレーションを同時に取得して追跡できます。ST-1612-Tには、T-RAIMアルゴリズムと位置保持
自動測量モードのタイミング機能があります。さらに、1PPS出力は、1つの可視衛星でのみ利用できます。その正確なGNSSタイミングは、通信基地局や電力網などのアプリケーションに適しています。

関連製品
  • タイミングモジュール - ST-1612i-GTモジュールは、GPS、GLONASSを含む複数の衛星コンステレーションを同時に取得して追跡できます。
    タイミングモジュール
    ST-1612i-GT

    LOCOSYS ST-1612i-GTモジュールは、GPS、GLONASS、GALILEO、QZSSを含む複数の衛星コンステレーションを同時に取得して追跡できます。ST-1612i-GTは、タイミングアプリケーション用の正確なPPSを備えています。T-RAIMアルゴリズムと位置保持自動調査モードがあります。 さらに、1PPS出力は、1つの可視衛星でのみ利用できます。その正確なGNSSタイミングは、無線基地局、フェムトセル、スマートグリッドなどのアプリケーションに適しています。


  • タイミングモジュール - LOCOSYS ST-1612-Tモジュールは、GPS、GLONASSを含む複数の衛星コンステレーションを同時に取得および追跡できます。
    タイミングモジュール
    ST-1612-T

    LOCOSYS ST-1612-Tモジュールは、GPSとGLONASSを含む複数の衛星コンステレーションを同時に取得して追跡できます。ST-1612-Tには、T-RAIMアルゴリズムと位置保持 自動測量モードのタイミング機能があり ます。さらに、1PPS出力は、1つの可視衛星でのみ利用できます。その正確なGNSSタイミングは、通信基地局や電力網などのアプリケーションに適しています。


  • GNSSモジュール - LOCOSYS MC-1612-Gは、完全なスタンドアロンGNSSモジュールです。
    GNSSモジュール
    MC-1612-G

    LOCOSYS MC-1612-Gは、MediaTekの高度な新世代MT3333GNSSチップに基づいています。これは、GPS、GLONASS、GALILEO、QZSS、SBASを含む複数の衛星コンステレーションを同時に取得および追跡できる完全なスタンドアロンGNSSモジュールです。低消費電力でフォームファクタが小さいのが特徴です。その上、それは都市の峡谷と密集した葉の環境でさえあなたに優れた感度とパフォーマンスを提供することができます。 このモジュールは、ハイブリッドエフェメリス予測をサポートして、より高速なコールドスタートを実現します。1つは、ネットワーク支援とホストCPUの介入の両方を必要としない自己生成エフェメリス予測(EASYと呼ばれる)です。これは最大3日間有効で、GNSSモジュールの電源がオンになり、衛星が利用可能になると、随時自動的に更新されます。もう1つは、インターネットサーバーから取得するサーバー生成のエフェメリス予測(EPOと呼ばれる)です。これは最大14日間有効です。両方のエフェメリス予測はオンボードフラッシュメモリに保存され、15秒未満のコールドスタート時間を実行します。


  • PCIeフル/ハーフミニカード - LOCOSYS LS26090-GTおよびLS26091-GTは、PCIeFull-MiniカードまたはPCIeHalf-Miniカードに組み込まれているGNSSモジュールです。
    PCIeフル/ハーフミニカード
    LS2609x-GT

    LOCOSYS LS26090-GTおよびLS26091-GTは、PCIeFull-MiniカードまたはPCIeHalf-Miniカードに組み込まれているGNSSモジュールです。 都市の峡谷や密集した葉の環境でも、優れた感度とパフォーマンスを提供でき ます。さらに、USBインターフェースにより、これらのモジュールをラップトップに簡単に統合できます。 これらのモジュールは、ハイブリッドエフェメリス予測をサポートして、より高速なコールドスタートを実現します。1つは、ネットワーク支援とホストCPUの介入の両方を必要としない自己生成エフェメリス予測です。これは最大3日間有効で、GNSSモジュールの電源がオンになり、衛星が利用可能になると、随時自動的に更新されます。もう1つは、インターネットサーバーから取得するサーバー生成のエフェメリス予測です。これは最大14日間有効です。両方のエフェメリス予測はオンボードフラッシュメモリに保存され、15秒未満のコールドスタート時間を実行します。



プレスリリース