LOCOSYSは、GPS / GNSS製品/モジュールの専門メーカーです。

スマートシティインフラストラクチャ

スマートシティインフラストラクチャ
スマートシティインフラストラクチャ

スマート街路灯センサーは、モノのインターネット(IoT)テクノロジーに接続されています。LOCOSYSモジュールは、屋外照明を制御できるため、照明の所有者は、地方自治体および商業用照明システムの効率、安全性、および汎用性を簡単かつ手頃な価格で向上させることができます。

関連製品
  • タイミングモジュール - ST-1612i-GTモジュールは、GPS、GLONASSを含む複数の衛星コンステレーションを同時に取得して追跡できます。
    タイミングモジュール
    ST-1612i-GT

    LOCOSYS ST-1612i-GTモジュールは、GPS、GLONASS、GALILEO、QZSSを含む複数の衛星コンステレーションを同時に取得して追跡できます。ST-1612i-GTは、タイミングアプリケーション用の正確なPPSを備えています。T-RAIMアルゴリズムと位置保持自動測量モードを備えています。 さらに、1PPS出力は、1つの可視衛星でのみ利用できます。その正確なGNSSタイミングは、無線基地局、フェムトセル、スマートグリッドなどのアプリケーションに適しています。


  • タイミングモジュール - LOCOSYS ST-1612-Tモジュールは、GPS、GLONASSを含む複数の衛星コンステレーションを同時に取得および追跡できます。
    タイミングモジュール
    ST-1612-T

    LOCOSYS ST-1612-Tモジュールは、GPSとGLONASSを含む複数の衛星コンステレーションを同時に取得して追跡できます。ST-1612-Tには、T-RAIMアルゴリズムと位置保持 自動測量モードのタイミング機能があり ます。さらに、1PPS出力は、1つの可視衛星でのみ利用できます。その正確なGNSSタイミングは、通信基地局や電力網などのアプリケーションに適しています。


  • サブメーターモジュール
(L1 + L5)+ 1.8V - LOCOSYS MC-1010-Vxxシリーズは
、すべてのグローバルな民間ナビゲーションシステムを追跡できる高性能デュアルバンドGNSS測位モジュール
です。12 nmプロセスを採用し、効率的な
電力管理アーキテクチャを統合
して、低電力と高感度を実現します。
    サブメーターモジュール (L1 + L5)+ 1.8V
    MC-1010-V2a / MC-1010-V3a

    LOCOSYS MC-1010-Vxxシリーズは、すべてのグローバルな民間ナビゲーションシステムを追跡できる高性能デュアルバンドGNSS測位モジュールです。12 nmプロセスを採用し、効率的な電力管理アーキテクチャを統合して、低電力と高感度を実現します。さらに、L1およびL5バンド信号の同時受信により、マルチパス遅延が軽減され、サブメートルの位置精度が実現されます。モジュールは、ハイブリッドエフェメリス予測をサポートして、より高速なコールドスタートを実現します。 1つは、ネットワーク支援とホストCPUの介入の両方を必要としない自己生成エフェメリス予測(EASYと呼ばれる)です。これは最大3日間有効で、GNSSモジュールの電源がオンになり、衛星が利用可能になると、随時自動的に更新されます。もう1つは、インターネットサーバーから取得するサーバー生成のエフェメリス予測(EPOと呼ばれる)です。これは最大14日間有効です。両方のエフェメリス予測はオンボードフラッシュメモリに保存され、15秒未満のコールドスタート時間を実行します。アクティブアンテナを備えたMC-1010-V3xは、AIS140規格に含まれる感度仕様に準拠できます。これは、AIS140に準拠して追跡アプリケーションを設計する顧客にとって最良のソリューションです。


  • サブメーターモジュール
(L1 + L5)+ 3.3V - LOCOSYS MC-1010-Vxxシリーズは
、すべてのグローバルな民間ナビゲーションシステムを追跡できる高性能デュアルバンドGNSS測位モジュール
です。12 nmプロセスを採用し、効率的な
電力管理アーキテクチャを統合
して、低電力と高感度を実現します。
    サブメーターモジュール (L1 + L5)+ 3.3V
    MC-1010-V2b / MC-1010-V3b

    LOCOSYS MC-1010-Vxxシリーズは、すべてのグローバルな民間ナビゲーションシステムを追跡できる高性能デュアルバンドGNSS測位モジュールです。12 nmプロセスを採用し、効率的な電力管理アーキテクチャを統合して、低電力と高感度を実現します。さらに、L1およびL5バンド信号の同時受信により、マルチパス遅延が軽減され、サブメートルの位置精度が実現されます。モジュールは、ハイブリッドエフェメリス予測をサポートして、より高速なコールドスタートを実現します。 1つは、ネットワーク支援とホストCPUの介入の両方を必要としない自己生成エフェメリス予測(EASYと呼ばれる)です。これは最大3日間有効で、GNSSモジュールの電源がオンになり、衛星が利用可能になると、随時自動的に更新されます。もう1つは、インターネットサーバーから取得するサーバー生成のエフェメリス予測(EPOと呼ばれる)です。これは最大14日間有効です。両方のエフェメリス予測はオンボードフラッシュメモリに保存され、15秒未満のコールドスタート時間を実行します。アクティブアンテナを備えたMC-1010-V3xは、AIS140規格に含まれる感度仕様に準拠できます。これは、AIS140に準拠して追跡アプリケーションを設計する顧客にとって最良のソリューションです。


  • サブメーターモジュール
(L1 + L5)+ 3.3V - LOCOSYS MC-1612-Vxxシリーズは
、すべてのグローバルな民間ナビゲーションシステムを追跡できる高性能デュアルバンドGNSS測位モジュール
です。12 nmプロセスを採用し、効率的な
電力管理アーキテクチャを統合
して、低電力と高感度を実現します。
    サブメーターモジュール (L1 + L5)+ 3.3V
    MC-1612-V2b / MC-1612-V3b

    LOCOSYS MC-1612-Vxxシリーズは、すべてのグローバルな民間ナビゲーションシステムを追跡できる高性能デュアルバンドGNSS測位モジュールです。 12 nmプロセスを採用し、効率的な電力管理アーキテクチャを統合して、低電力と高感度を実現します。さらに、L1およびL5バンド信号の同時受信により、マルチパス遅延が軽減され、サブメートルの位置精度が実現されます。モジュールは、ハイブリッドエフェメリス予測をサポートして、より高速なコールドスタートを実現します。 1つは、ネットワーク支援とホストCPUの介入の両方を必要としない自己生成エフェメリス予測(EASYと呼ばれる)です。これは最大3日間有効で、GNSSモジュールの電源がオンになり、衛星が利用可能になると、随時自動的に更新されます。もう1つは、インターネットサーバーから取得するサーバー生成のエフェメリス予測(EPOと呼ばれる)です。これは最大14日間有効です。両方のエフェメリス予測はオンボードフラッシュメモリに保存され、15秒未満のコールドスタート時間を実行します。MC-1612-V3bのRFフロントエンドは、AIS 140規格に含まれる感度仕様に準拠するように特別に設計されています(図3-2の注を参照してください)。これは、AIS140に準拠して追跡アプリケーションを設計する顧客にとって最良のソリューションです。


  • サブメータースマートアンテナモジュール - LS2003x-Vxシリーズ製品は
、組み込みアンテナとGNSS受信機回路を含む高性能デュアルバンドGNSSスマートアンテナモジュールであり
、幅広いOEM
システムアプリケーション向けに設計されてい
ます。
    サブメータースマートアンテナモジュール
    LS2003x-Vx

    LS2003x-Vxシリーズ製品は、組み込みアンテナとGNSS受信機回路を含む高性能デュアルバンドGNSSスマートアンテナモジュールであり、幅広いOEMシステムアプリケーション向けに設計されています。 GNSSスマートアンテナは、サブメートルの位置精度を提供しながら、一度にL1信号とL5信号の両方を取得します。それはあなたに速い最初の修正までの時間、優れた感度と低消費電力を提供することができます。その広範囲にわたる機能は、カーナビゲーションやその他のロケーションベースのアプリケーションの感度要件を満たしています。 モジュールは、ハイブリッドエフェメリス予測をサポートして、より高速なコールドスタートを実現します。 1つは、ネットワーク支援とホストCPUの介入の両方を必要としない自己生成エフェメリス予測(EASYと呼ばれる)です。これは最大3日間有効で、GNSSモジュールの電源がオンになり、衛星が利用可能になると、随時自動的に更新されます。もう1つは、インターネットサーバーから取得するサーバー生成のエフェメリス予測(EPOと呼ばれる)です。これは最大14日間有効です。 両方のエフェメリス予測はオンボードフラッシュメモリに保存され、15秒未満のコールドスタート時間を実行します。LS20030-V3、LS20031-V3、およびLS20032-V3のRFフロントエンドは、AIS140規格に含まれる感度仕様に準拠するように特別に設計されています。これらは、AIS140に準拠して追跡アプリケーションを設計する顧客にとって最良のソリューションです。


  • RTKボード - RTK-4671-MHPD
    RTKボード
    RTK-4671-MHPD

    LOCOSYS RTK-4671-MHPDは、精密農業、ドローン、および動きの遅い車両を対象としたデュアル周波数、デュアルアンテナレシーバーです。この受信機は、高速で正確な方位とRTK位置を提供します。GPS、GLONASS、BeiDou、GALILEO、QZSS、SBASなどの複数のコンステレーションをサポートし、過酷な環境でも正確な方位とRTK位置の継続性と信頼性を向上させます。さらに、柔軟なインターフェイス、スマートなハードウェア設計、一般的なログ/コマンド形式により、市場の他のGNSS受信機との強力な互換性を備えています。 用途が広く、コンパクトで、スマートで、低電力で、高い更新レートを備えたLOCOSYS RTK-4671-MHPDは、ほとんどのロケーションベースのアプリケーションの要件を満たしています。


  • サブメーターマウスレシーバー - LS2303x-Vxシリーズ製品は、すべてのグローバルな民間ナビゲーションシステム(GPS、GLONASS、BDS、GALILEO、QZSS、およびIRNSS)を追跡できる高性能デュアルバンドGNSS受信機(GNSSマウスとも呼ばれます)です。
    サブメーターマウスレシーバー
    LS2303x-Vx

    LS2303x-Vxシリーズ製品は、すべてのグローバルな民間ナビゲーションシステム(GPS、GLONASS、BDS、GALILEO、QZSS、およびIRNSS)を追跡できる高性能デュアルバンドGNSS受信機(GNSSマウスとも呼ばれます)です。 GNSSマウスは、サブメートルの位置精度を提供しながら、一度にL1信号とL5信号の両方を取得します。それはあなたに速い最初の修正までの時間、優れた感度と低消費電力を提供することができます。その広範囲にわたる機能は、カーナビゲーションやその他のロケーションベースのアプリケーションの感度要件を満たしています。レシーバーは、ハイブリッドエフェメリス予測をサポートして、より高速なコールドスタートを実現します。 1つは、ネットワーク支援とホストCPUの介入の両方を必要としない、自己生成のエフェメリス予測(EASYと呼ばれる)です。これは最大3日間有効で、GNSSモジュールの電源がオンになり、衛星が利用可能になると、随時自動的に更新されます。もう1つは、インターネットサーバーから取得するサーバー生成のエフェメリス予測(EPOと呼ばれる)です。これは最大14日間有効です。 両方のエフェメリス予測はオンボードフラッシュメモリに保存され、15秒未満のコールドスタート時間を実行します。LS2303x-V3のRFフロントエンドは、感度仕様に準拠するように特別に設計されています AIS140規格に含まれています。これらは、 AIS140に準拠して追跡アプリケーションを設計する顧客にとって最良のソリューション です。


  • PCIeフル/ハーフミニカード - LOCOSYS LS26090-GTおよびLS26091-GTは、PCIeFull-MiniカードまたはPCIeHalf-Miniカードに組み込まれているGNSSモジュールです。
    PCIeフル/ハーフミニカード
    LS2609x-GT

    LOCOSYS LS26090-GTおよびLS26091-GTは、PCIeFull-MiniカードまたはPCIeHalf-Miniカードに組み込まれているGNSSモジュールです。 都市の峡谷や密集した葉の環境でも、優れた感度とパフォーマンスを提供でき ます。さらに、USBインターフェースにより、これらのモジュールをラップトップに簡単に統合できます。 これらのモジュールは、ハイブリッドエフェメリス予測をサポートして、より高速なコールドスタートを実現します。1つは、ネットワーク支援とホストCPUの介入の両方を必要としない自己生成エフェメリス予測です。これは最大3日間有効で、GNSSモジュールの電源がオンになり、衛星が利用可能になると、随時自動的に更新されます。もう1つは、インターネットサーバーから取得するサーバー生成のエフェメリス予測です。これは最大14日間有効です。両方のエフェメリス予測はオンボードフラッシュメモリに保存され、15秒未満のコールドスタート時間を実行します。



プレスリリース